プレーヤーがスロットを欺く3つの方法

スロットゲーム

明らかに、どのカジノゲームで欺くことも違法でモラルがないことで勧めることはしませんが、スロットマシンを無料のキャッシュポイントに変えることを夢見ない人なんていますか?ここでは、人々が試してみて、それをやってみただけで成功したケースもある3つの方法をご紹介します。カジノゲームを欺くことは賭博業界では何も新しいことではありません。多くの賢い人たちはその功績で評判が悪くなっています。絶対的な巧妙さと低い抜け目のなさを通じて、一部のプレーヤーは、自分たちの利益のためにカジノを欺くことでうまく歴史に跡を残してきました。ところで、彼らは、お互いに楽しみ、そこら中のギャンブル施設を犠牲にしたことで笑わせるストーリーも私たちに提供してくれました。

偽のトークン:ヨーヨー

オリジナルのスロットのいかさまは、プレーヤーがプレイで使用していたコインの周りをひもで結ぶことでした。マシンが登録されるまでスロットにコインを下げておき、その後にひもを使って再度引っこ抜きました。自分たちのお金をリスクにさらすことなく、ペイアウトを手に入れるまで、プレーヤーはその後にこの方法を続けます。当然のことながら、この方法は限られたカジノ監視の時代に機能しただけで、その後、ヨーヨーユーザーは捕まりそうになりました。CCTVと洗練されたセキュリティの今の時代には、このテクニックを使って成功する見込みはほとんどなく、もちろん、このようないかさまはオンラインやモバイルスロットゲームでは役立ちません。

マシンからコインを戻す試みの代わりのヨーヨーのバリエーションでは、偽のお金やトークンをマシンに入れます。このいかさまのマスターは、Louis Colavecchioという名のアメリカ人でした。宝石職人だったColavecchioはスキルを利用して、アトランティックシティとコネチカット州周辺のカジノで使用する高品質なトークンのコピーを作りました。跡ら品ティックシティのカジノがギャンブルフロアでリリースしたトークよりもトークン数が多いということに気づくまで、疑いは持ち上がりませんでした。Colavecchioは徐々に偽トークンの貨物で見つけられ、逮捕されて7年間収監されました。

メカニカルデバイス

初期に機能した賢いいかさまは、メカニカルスロットマシンです。最も有名な2つのデバイスはTop-Bottom JointとMonkey Pawです。Top-Bottom Jointは、ひもをつけたワイヤでした。古いスロットマシンでは、バレルの勝利の組み合わせがうまく収まった時に電気回路を完了して、トレイにお金を放出するという事実に付け入ったものでした。Top-Bottom Jointは、プレーヤーが勝たなかった時でも、電気回路を完了させることで機能しました。70~80年代にはTop-Bottom Jointはいかさま師の間のお気に入りでしたが、その人気は、カジノと警察が警戒態勢でいたということです。

Top-Bottom Jointを使っていて捕まったいかさま師のひとりは、Tommy Carmichaelでした。ですが、捕まった収監されたのにスロットのいかさまをやめることはありませんでした。ただもっとうまくやろうと決めたのです。刑務所を出た後、彼はTop-Bottom Jointの進化版であるMonkey Pawなど、もっとスロットで勝てるツールをいくつか開発し、ユーザーがマシンからお金を放出するハッチを置いてリリースできるようにしました。

チートコード

上記のすべてのいかさまは、古いスタイルのマシンにもっと適していたもので、主にカジノによって漸次廃止されました。マシンソフトウエアが導入されて、もっと洗練され、ゲームがオンラインに移行するにつれて、チートコードは発展しました。特定のスロットマシンプログラムのソフトウエア開発者は、「悪玉」ロジックを導入します。これは、ボタンが特定の順番で押されるとマシンがペイアウトするというものです。例えば、コインが特定の順番で挿入されるなどがあります。このいかさまの困難さには、プログラムのコーダーだけがいかさまを利用でき、いかさまが発見されると誰が犯人なのかがかなりはっきりとするという明確な事実があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *