TOP
TOPゆかた特集企画TOPアニメで着付け&帯結び講座TOP>着付けの前に…
最終更新:2006年03月03日
botan

bar_コラム

bar_メルマガ・リンク・BBS
●メルマガ登録


もちろん無料

●リンク 06.03.01up

『いい和雑貨どっとこむ』です。ゆかた情報も満載!
ゆかたりずむも協賛!新着ゆかた情報満載です。 (提供:和洛)
ゆかたりずむのブログです!更新状況など内容もリンクしています。
リンク用バナーです。
▲ リンク用バナーです
 

●ご意見・ご感想をぜひ教えてください!

ゆかたに関する疑問や質問、情報を交わせます。ぜひご参加ください。

ご意見・ご感想・お問い合わせのメールは▼こちら▼に!


いよいよ着付けに挑戦!
でもその前にやっておかなきゃいけないことがいくつかあります。


ヘアメイク
ヘアメイク 髪型を作るときは、手を上の方に上げることになるので、ゆかたを着てからでは、着崩れが起こりやすくなります。

着崩れを防ぐために、ヘア・メイクは着付けの前に済ませておくことを忘れないで下さい。



下着を着る
下着を着る
下着を着ます。

頭からかぶるタイプのものならば、ヘアメイクをする前に、前開きタイプのものならば、ヘアメイクをした後に着るのが良いでしょう。

ヘアメイクをする前に着替える場合は、冷えないように上から何か羽織ってくださいね。



補正をする
補正をする
「補正なんてなくてもいいんじゃないの?」「いままで何度か着たことあるけど、補正なんかしなかったよ。」
という方もきっといるはずです。

確かに、補正しなくてもゆかたは着れます。

でも。ゆかたを着る時は補正をした方がキレイに仕上がります

下の写真を見比べてみてください。

(写真はどれも、着付けた直後の写真です)

●まずは、正面から見てみましょう。
補正なし
胸元がゆるくなってしまって、ちょっとだらしない感じ。時間がたてば着崩れてきてしまいます。
補正あり
衿元がピシッと決まっています(左と比べて影が少ないですね)。

左側が補正なし。

写真ではわかりにくいかもしれないですが、この段階で「ゆる〜い」感じの着付けになってしまっています。時間がたてば崩れてきてしまいそうです。



右側は補正あり。

シワが少なく、着崩れもしにくい状態に仕上がっています。
ずん胴型になっているので、なで肩
で、おしりも小さく見えるから不思議。


●つぎは、横から見てみましょう。
(補正なし)
バストが帯の上にのったようになり「老けて」見えてしまう。
(補正あり)
和装ブラで胸元すっきり。モデルさんの必須アイテムでもあるのです。

左側が補正なし。

胸が帯の上に乗っかったようになり、格好悪いだけでなく“老けて”見えてしまいます。



右側は補正あり。

右側は和装ブラジャーで補正をしているので、胸元がすっきりしています。


着つけた直後からでも差がついているのですが、時間がたてばこの差がもっとはっきりしてきます。

補正してない方は、少し動いただけで崩れてきてしまいます。
着くずれの直し方を知っている人ならともかく、こうなるとツライ。

今までなんとなく着付けが上手くいかなかった人、綺麗に出来ないのは、自分の体型のせいだと思っていた人、着崩れしてお祭りどころではなくなってしまった人…

こんな方の大半は、補正さえきちっとしておけば、悩まずに済んだはずなのです。

きものを着る時みたいにおおげさな補正道具をつけなくてもいいから、最低限のキホンを押さえた補正にチャレンジしてみるのも良いでしょう。

※注意! 胸元の補正の写真に夢中になるあまり、どちらの場合も帯板(前板)を入れた状態で撮影していました。補正なし+前板なしで撮影したら、もっと差がついたんじゃないかな…と。
前板を入れるのも、キレイに着付け+着崩れを防ぐための大きなポイントですね。



●では、かんたんに…ですが、補正のしかたを紹介します。
和装ブラジャー まずは、和装ブラジャー。

上の写真でもわかるように、和装ブラジャーは胸の大きな人のためだけのものではありません。着崩れを防ぐ補正の役割もしてくれるのです。

今まで、胸元のシワが気になっていた方や、帯の上あたりからゆるんで着崩れてしまっていた方なども、一度試されてみると良いでしょう。


補正でいちばん重要なのは、ウエストです。

きものやゆかたを着るのに理想とされる体型は、なんと寸胴体型!

これはゆかたが、一枚の布のように平面的にできているという特性から…
一枚の布をキレイに巻きつけるのに適した形=円柱形=寸胴


寸胴体型にするには、下図の水色部分=ウエストのくびれを埋めるように補正することがポイントです。


では体型を寸胴にするのに適した、アイテムは?


デコランパット
まずおすすめしたいのは、きもの用の補正アイテム

厚みのあるパットにヒモが縫い付けてあるだけのシンプルなアイテムですが、ウエストに巻きつけるだけで、OK!というすぐれもの。

この写真の商品は、綿素材なので洗濯もかんたんです。汗をたくさんかく、ゆかたでも平気!


タオル&腰ヒモ
時間がない!という方に、今すぐそろえられるアイテムは、タオルと腰紐

タオルをウエストに巻きつけて腰紐で固定します。

タオルの厚さは、自分の身体に合ったものを選んでください。
おすすめは、よく粗品でもらうちょっと薄手のもの。


ちゃんとした補正アイテムを使用する場合でも、タオルと腰紐を使用する場合でも、気を付けなきゃいけないことは…

きつく巻きつけない。
苦しくなっちゃうまで巻きつけてはいけません!とくに加減が難しい、タオルと腰紐を使用する場合は要注意ですよ。

デコランパット ←こんな風に、身体が円柱形に近くなるよう、巻きつけてみてください。

写真はきもの用の補正アイテムを使用しています。



●もうひとつ、おまけ…
ウエストの補正だけで十分キレイに着こなせるものですが、もうひとつポイントを紹介しておきましょう。

和装ブラジャーを使用しない場合や、胸の大きな方は要注目。

それは、胸とおなかの段差です。

胸とおなかに大きな段差があると、胸が帯の上に乗ってしまったりするものです。

右図の水色の部分に薄手のタオルをあてるなど、ちょっとくふうをしてみると良いでしょう。


でも、気をつけたいのは、あんまり補正をしすぎると暑い夏がさらに暑くなってしまう!ということ。

せっかくのエンジョイゆかたライフが暑くて疲れてグッタリ…

なんてことにならないように、最低限の補正で、キレイ・らくちん・楽しく、ゆかたを着こなせるように研究してみましょう!

では、いよいよ着付けに挑戦です!着付けのページに戻る。


1.本番前の準備編〜ゆかたでお出かけ一週間前〜
 
2.着付けに挑戦!〜いよいよお出かけ当日!〜
 [ゆかたを着る前にすませておきたいこと] 
 [いよいよ着付けスタート!
 
3.帯結びに挑戦!〜最後の仕上げ。ついに完成!〜
 






【Update 2002.04.15】
【最終更新日2006.03.03】
メインバー
ゆかたりずむ
Copyright(C) 2000-2006 yukatalism.com All rights reserved.