メニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
企画特集
SmartSection is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of INBOX Solutions (http://inboxinternational.com)
特集企画 >  足の痛くならない下駄 > 新:足の痛くならない下駄登場?!
新:足の痛くならない下駄登場?!

ゆかたりずむが大実験!「前代未聞!?下駄履きで登山に挑戦!!」


新しい下駄を紹介するにあたり…

スタッフにちょっと履いてもらって、感想を聞く…。
そんなの生ぬるいっ!

いいものをオススメするのに、ゆかたりずむは中途半端なデータでは納得できません!

で。

こんな企画を考えてみました。



題して…

「下駄を履いて、大文字山(※)に登ってみよう!!企画!!」



商品の使用感や耐久度を試すのにもってこいの企画。(*^-゚)v


というワケで。

実際に実験させられる女の子たちの迷惑をかえりみず…。


下駄登山の大冒険レポート、お伝えします。






003年5月17日(土) 本当に下駄履きで山登りをしてきました!

実験内容:被験者(実験を受ける人。「いけにえ」とも言う。(^^ゞ)は6名。

これを2名ずつに分け、3種類の下駄を履いてもらいました。

まずAチームに履いてもらったのが「ピドヒール下駄」。
変な名前ですが、これについてはまた後で…。

次にBチームには「足型下駄」を。この下駄、前作「足の痛くならない下駄」で
紹介させていただいた、「スキップできる下駄」をさらに改良した下駄なのです。

そしてCチームには市販の下駄を履いてもらいました。

行きの車中で必死に鼻緒をもむ被験者

この2人のうち、1人だけ

「事前の対策として、鼻緒をもんでもよい」

と指示をしました(黄色の鼻緒の方→)。

あと1人は何もさせず、買ってきたままの状態で
登山させることに…。



実験を行ったのは5月中旬。快晴。最高気温24℃のとても気持ちのよい日でした。

修学旅行や観光客でにぎわう、銀閣寺道を下駄を持って通り抜け…。

大文字山への入り口(山道)に到着しました。
ここで全員、渡された下駄に履き替えます。


は…履けない(T_T)
他の人はなんなく履けて、準備OKなのですが…。
Cチームの鼻緒をもんでなかった人(赤い鼻緒)だけが、なかなか履けない…!

「あ、足が入らない〜…」

彼女、足のサイズは23.5cm。決して大きいという訳ではないのですが…。
この段階ですでにきつそうです。

 

へんしゅうちょが一言。

「あなた、ちゃんと事前に対策してなかったでしょ!…だめねぇ〜( ̄ー ̄)ニヤリ…」

「お、鬼ぃ!…(T_T)」

 

Cチームのもんだ人(黄色い鼻緒)の方も、対策をしていたにもかかわらず、

「ちょっときつい…」

とのこと。とにかくスタートすることにしました。

とにかくスタート。後ろには振り返って取材班を見つめる登山者(トレッカー)達が…。


歩き始めて約5分。Cチームの赤鼻緒の人が

「もう、皮めくれそう…」

と一言。まだ歩数にして約400歩。




のぼり道ではあるけれども、まだまだ平坦な道。もう少し頑張って欲しい!


※大文字山…実際に行ったことがなくても、映像はご覧になったことのある人、多いと思います。毎年、8月16日には「五山の送り火」として「大」の字に灯がともり、その景観は圧巻。

京都の観光地、「銀閣寺」脇の道から入ったところに山道があり 「大」の文字の部分(火床といいます)までの距離は片道約3.4Km。

険しい段差があり、大人の足でも片道小1時間はかかる場所。


ページ: « 1 (2) 3 »