メニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
企画特集
SmartSection is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of INBOX Solutions (http://inboxinternational.com)
特集企画 >  浴衣&着物 もっと教えて! > 第3回 帯枕を上下さかさまに使ってみよう!
第3回 帯枕を上下さかさまに使ってみよう!
今回はちょっと変わった帯枕の使い方を紹介します。


皆さんはいつもお太鼓さんを結ぶとき、普通はこんな感じで帯枕を使いますよね?


山型になってるほうを上にする人が多いはず!

でも・・・これを上下さかさまに使うと、
お太鼓の曲線がなだらかな感じになって、とっても柔らかい雰囲気に大変身!

特に身長の低い方や華奢な方にはこの方法が超オススメ!


枕の上下を逆にします


ラインが丸みをおびて、とても優しい感じになりますね(#^.^#)


この方法は名古屋帯で使うとめっちゃオシャレで「粋」になります。
粋な感じを求める人はおしゃれ着+名古屋帯で、枕を逆に使ってみてください。


足が長くて胴の短い人は、紋のついている着物を着ると、帯で紋が隠れそうになったりしませんか?
そんな体型の方にもこれはおすすめ。
帯の位置が少し低くなるので、紋がちゃんとみえるようになります。



比べてみて↓


    

身長の高い人や体格のいい人は、普通に使ったほうがむいています。
また、慶事などのフォーマルな席には普通に使う方が一般的。


着物の着付けって、ちょっとした工夫でイメージを変えることができるんですね(#^.^#)
一度お試しください!


(監修:着付師 田中仁美)