メニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
企画特集
SmartSection is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of INBOX Solutions (http://inboxinternational.com)
特集企画 >  ゆかたdeデート > 浴衣deデート♪ ストーリー
浴衣deデート♪ ストーリー



第5話 : 山 (by へんしゅうちょ)





ド〜ン!パラパラパラパラ…。

 

2人の歩く場所からそう遠くない場所で、花火が上がった音『だけ』が
聞こえてきた。

 

…ドドーン!パラパラパラ…

 

「あ〜、花火。始まっちゃったね。い、急がないと…。」

あせったオレは、今日子ちゃんの手をさっきより一層強く、グイグイと
引っ張りながら、目指すヒミツのビュースポットへ、急ぎ足で向かった。

 


 花火!花火!花火を見せるぞ!

 

…別に普段から花火がそんなに大好きってわけじゃない。
いや…。むしろ、花火大会みたいな人の多い場所って苦手なんだ。

『花火を見て感激してくれてる今日子ちゃんの姿が見たい』

ただそれだけの思いで、ここまでやってきた。


もうすぐ…もうすぐだよ。今日子ちゃん。。。

 


  ◇   ◇   ◇

 


…あ!あそこだ!


やっとオレたちは、花火がキレイに見える丘のふもとにたどり着いた。

…で。あと、この小高い丘を登ったら…。花火…が。きれ…い…。

…。

し、しかし…。

…。

小高い【丘】っていうよりも、【山】って感じじゃない?これって…。




オレたちの目の前にあったのは、かなり険しい『急斜面』だった。
『河川敷の土手』が長く続いてる、と言ったらいいだろうか。
芝が植えられて、一見歩きやすそう。でも…。

あ、案外急だよな…。これって。

…オレ一人なら、なんとか登れる。で、でも…。


「えっと…。今日子ちゃん。あのさ、この 丘 を登ったらさ…」

 

「ち、ちょっとォ!冗談でしょ?!これ、登るの?」

 

「う…うん。」

 

「そんなの無理だよぉ…。ゆかたなのに…。他の場所にしようよ。。。」

 

「そんなこと言うなって。せっかくでっかい花火を見せてやろうと思ってさ、
 ココまで来たのに…。」

 

「別にいいよぉ。大きくなんかなくったって。。。

そんなのどうでもいいからぁ…。」

 

「!!」

 

…オレがせっかく今日子ちゃんのためにと思って考えてきたのに…。

『大きくなんかなくても…』『どうでもいい』なんて…。

あんまりじゃんか…。


「な…なんだよぉ!せっかく連れてきてやったのに。
 あと、ここさえ登れば見えるんだぜ!

 ったくぅ…。…ゆかたなんか着てくるから…。」

 

「!!」

 

………。

 


突然。今日子ちゃんが下を向いてしまった。
お、オレって、まずいこと言っちゃったかな…。

「きょ、今日子ちゃん…。ち、ちょっとどうしたんだよ…?」


顔を上げた今日子ちゃんの目には、今にもこぼれ落ちそうな涙…。


ドドーン!…パラパラパラ…。


花火の音を耳の奥で感じ取りながら、オレはぼんやり考えた。

 



 

『あ、あれ?…。ひょっとして…ムード満点??』




(つづく)

ページ: « 1 ... 3 4 5 (6) 7 8 »